上尾市民のみなさんへ

上尾市民のみなさんへ

寒くなりましたね。お変わりありませんか。
私は今市長選挙に臨んでいます。
これは、上尾の利権構造が勝つか、市民の選択が勝つかの争いです。
上尾市には大きな利権を生む仕組みがあります。
そして、お金で市を支配する仕組みがあります。
だから、市長選挙の相場は1億円と言われているのです。

かつて、環境センターは市の職員で回していました。
プラスチックを燃して800度の温度まで上げないとダイオキシンが出ます。
メンテナンスが大変です。今は委託事業で業者がやっています。
環境センターの委託事業を誰に出すかで、賄賂をもらったのが、市長と議長です。
市民のために働く業者でなく、利を得るための業者を選んでは、市民は年末にゴミも出せません。
私は今、この利権構造を維持したい人と戦っています。
利権を巡り2つに分かれて争う自民党が 共に推す候補者たちが争っています。
逮捕された市長も議長も選挙の時は市民のためと言いました。
当選すると利を求めます。

この仕組みの中で、かつて市政に臨んだ清水さんと浅野目さん。
彼らは上尾を捨て、さいたま市に移り住み、県会議員になりました。
そして、清水さんはさいたま市の市長になっています。
私は、この仕組みの中で14年間、市民の為に税金を使えと戦ってきました。
そして今かほるは、この仕組みを変えるために、急な市長選に臨みました。

私の弱点は、大きな組織の支援がなく、主婦が中心で、集票のシステムを持たないことです。
私の仲間たちは14年間、かほるの市議会レポートを配ってきました。
もし、あなたの家のポストに会報が入っていたら、近所の家にも配っています。
近所のお知り合いに、声をかけて頂けませんでしょうか。
私の緑色の市議会レポートを少なくとも見たことがあると思います。
あなたからの声掛けがあれば、投票に行って下さるかもしれません。
今、変える力はあなたにあります。どうぞ、宜しくお願い致します。

共にがんばりましょう。

上尾市長候補 秋山かほる